カカアコ開発プロジェクト 日本語版

 2012年10月に発表された『カカアコ再開発プロジェクト』は、アラモアナセンターの西側からダウンタウンの東側、ワードセンターズを中心とするカカアコ地区の15年間に渡る開発計画です。

 22棟の住居用ビルディングの建設に加え、現在の2倍に値するリテールショップ、レストラン、エンターテイメント施設などの建設も計画されています。

 またオアフ島西部のカポレイ地区からホノルル空港、そしてアラモアナ地区を結ぶ、全21駅、所要時間42分間、総延長約20マイル(約32キロメートル)のホノルル市営鉄道『ホノルル・レール・トランジット』の建設も、2019年全区間開業に向け着々と進行をしています。

 ハワイ当局によれば『カカアコ再開発プロジェクト』によりハワイにもたらされる州税は2.15億ドル、新規雇用数は1万8000人にのぼると試算されており、カカアコ再開発プロジェクトは、ホノルルにおける住宅不足の解消と、近年増加する都心住居の需要を満たし、建設業界はもちろん、他業界の雇用数の増加や経済回復への影響も期待されています。

 そんな『カカアコ再開発プロジェクト』の情報をより分かりやすくお伝えするために、当サイトを立ち上げました。皆様の将来設計にぜひお役立て下さい。

2014年10月

Hawaii Community Development Authority
Japanese Edition
サチ・ブレーデン(サチハワイ・パシフィック・センチュリー総合不動産会社)
はたせいじゅん(ジャーナリスト/放送作家)
富田千賀子(サチハワイ・パシフィック・センチュリー総合不動産会社)
有里子クリストファー(サチハワイ・パシフィック・センチュリー総合不動産会社)

協力:Anthony Ching (Executive Director at Hawaii Community Development Authority)