『ゲートウェイ・タワーズ』最新情報

2015/04/15

Ward_Village_Gateway_Towers (Web)

 ハワード・ヒューズ社が開発するワード・マスタープラン第2期として、約60エーカーの土地にレジデンス『ゲートウェイ・タワーズ』のプロジェクトが進んでいる。

 『ゲートウェイ・タワーズ』は、世界でも象徴的な博物館、公共スペース、一戸建て住居、世界の高級コンドミニアムなどを手がけた『リチャード・マイヤー建築事務所』がデザインを担当することからも、ハワイ初のモダンで他に類をみないツインタワーとして話題を集めている。

  またインテリアデザインで高く評価を受けている『トニー・イングラオ』と建築家『リチャード・マイヤー』との初コラボレーションの建築物としても注目され、窓から楽園ハワイの太陽光が差し込み、ダイヤモンドヘッドやオーシャンビューを楽しむことができる非日常体験的な居住物件として建設工事が始まる前から誰もが大きな期待を抱いている。

  『リチャード・マイヤー』の象徴ともなる『ゲートウェイ・タワーズ』は、ホノルルの中心地に建ち、まるで空に浮かんでいるような『リチャード・マイヤー』の作品を住居として所有できるのは、販売開始予定日2015年6月から。

『ゲートウェイ・タワーズ』のお問い合わせはこちら