アラモアナ地区に新コンド建設計画

2016/11/23

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-%e5%8d%88%e5%be%8c10-07-06 中国の投資家が、アラモアナ地区のウォルマートとホノルル最大のウォルグリーンの向かいに、新たな複合コンドミニアムの建設計画を予定していることが明らかになった。

 ケアモク・ストリートとマカロア・ストリートの角に建設を予定しており、全400戸の複合高層コンドミニアムとしている。

 このプロジェクトは、ホノルル市の住宅必要条件としての年収制限ユニットも含まれている。

 関係者は、「このプロジェクトは広い歩道や庭、バイクレーンや公共にオープンしているスペースなどで、歩行者や自転車に良い環境のライフスタイルを即すことになるだろう」と述べている。

(出典:パシフィックビジネスニュース)