オアフ島不動産市場在庫不足

2017/07/27

 アメリカで活用されているオンライン不動産サイトの『Trulia』が、オアフ島の住宅市場に在庫数が少ない理由について、新しいレポートを発表した。

市場に在庫数が少ない理由は『投資用物件として投資家の抱え込み』『高級物件は購入が困難』『買い替えを考えても、物件を購入できないとことから売ることをしない』『団塊世代のオーナーは引っ越すことができない、または引っ越さない』『売買したくても次に手に入れられる物件が見つからない』以上のことが挙げられているが、在庫不足に対する1番の理由は『住宅建設だけでは不十分』だといえる。

 『Trulia』は、2010年から2016年の間に市場における住宅株1パーセントポイントの増加が、住宅在庫数の13パーセント増加と相関していると述べている。

 またオアフ島の物件の46パーセントを投資家が所有し、この数字は、調査の対象となった都市の中で、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなどに続く8番目に高いパーセンテージとなっている。

(出典:パシフィックビジネスニュース)