カカアコ地区に世界クラスのバレーボール施設の建設計画

2015/10/02

スクリーンショット 2015-10-06 午後7.43.54 ホノルルのカカアコ地区に世界クラスのイベントやハワイのスポーツ観光をサポートできるバレーボール施設の建設計画が明らかになった。

 この計画には元オリンピックビーチバレー選手でUCLAオールアメリカンのケビン・ウォング氏やUHの女子バレーボールヘッドコーチのディブ・ショウジ氏など著名人が関わっている。ケビン・ウォングはCOVE(Center of Volleyball Excellence)プロジェクトを率いており、COVEは「カカアコの中心で家族とスポーツと生活の向上を目的とし子供たちの為の安全な場所」としている。

 『ホノルルコミュニティデベロップメントオーソリティ(HCDA)』の副議長は「このバレーボール施設はカカアコの(Live,Work,Play)のPlayにあたるテーマであり適しているのではないか」と語っている。

(出典:パシフィックビジネスニュース)