カカアコ新コンド建設計画中止

2016/01/22

スクリーンショット 2016-01-23 午後1.57.45 開発業者『小林グループ』『マクナートングループ』が建設計画をしていた新ラグジュアリーコンドミニアム『ヴィダ・アット888・アラモアナ(以下ヴィダ)』が買い手不十分な為、この建設プロジェクトを中止したことが発表された。

 昨年5月にセールスが開始された直後の売り上げは好調だったがその勢いは長くは続かなかった。

 『ヴィダ』は全262戸の内約100戸ほどの40パーセントが成約しており、98万ドルから400万ドルの価格帯だったが、現在この成約数では予定通りの完工2018年には間に合わないと判断された。

 開発業者は「契約した買い手には返金手続きを取っている」と述べている。

 『ヴィダ』はアラモアナブルーバード通りの山側で以前カーディーラーの『Cutter』現在、既に移転済みに建設予定だった。

(出典:スター・アバタイザー)