カカアコ高級コンド販売が好調

2015/05/11

スクリーンショット 2015-05-14 18.00.38 ダラスに拠点を置く『ハワード・ヒューズ社』が今日月曜日にカカアコ地区に現在建設中である2つの高級コンドミニアムの販売率を発表した。

 『ワイエア』全171ユニットが86.5パーセントの販売率で『アナハ』全311ユニットが77.5パーセントの販売率となった。

 『ワイエア』はワード映画館の海側向かいの駐車場に建設され2014年に建設を開始し3月の時点で21パーセントの完成度であり完成は2016年の予定。4月30日時点の『ワイエア』のバイヤー預け入れ総額は10.63億ドルで総売上高は54.79億ドルに達している。『ワイエア』の建設費用は土地代を除き5.03億ドルが見積もられている。

 一方『アナハ』は『ワイエア』の斜め後ろのインテリア専門店『ピアワン・インポート』の跡地に11月建設を開始予定で完成は2017年予定。『アナハ』のバイヤー預け入れ総額は5830万ドルで総売上高は3.123置くドル。『アナハ』の建設費用は土地代をのぞく4.01億ドルが見積もられている。

 3月に同社はこれらのコンドのバイヤーの過半数はハワイからで残りは日本、カナダ、中国、韓国、オーストラリア、米本土であることを公表している。

 同社は『スポーツオーソリティ』前に建設予定している手頃価格のコンドミニアムはまだ最終決定されていないが、これまでに610万ドルの開発費を投資している。

 またカカアコ地区に健康食品店『ホールフーズ』の建設計画と新コンドミニアムの建設計画の完成は2018年予定となっている。

 

(出典:PACIFIC BUINESS NEWS)