ケワロ湾再開発が今秋開始

2015/05/13

スクリーンショット 2015-05-15 18.29.01 ダラスに拠点を置く開発業者『ハワードヒューズ社』が数百万ドルを投じてダウンタウンからワイキキまでのケワロ湾の再開発を今秋、開始されることが明らかになった。

 昨年10月末に同社はデザインビルド方式の提案依頼書を発行し、今年2月には同社が所有する『ケワロベイシンハーバーLLC』が設計と建設をしホノルルの『シーエンジニアリング・インク』の起用が発表されている。

 ケワロ湾のハーバーには144の停泊所があり2009年からハワイ州の開発機関『ハワイ・コミュニティ・デベロップメント・オーソリティ(HCDA)』が管理してきたが、劣化が進み全面的な修理が必要となっていた。

 『ハワードヒューズ社』のこのケワロ湾再開発には、60エーカーの『ワードビレッジ・マスタープラン』の海側向かいハーバーの先までにシーフードレストランやオーシャンフロントのコミュニティセンターなどの計画も予定されている。

 

(出典:PACIFIC BUSINESS NEWS)