ケワロ湾再開発計画2016年始めごろ開始予定

2015/11/04

スクリーンショット 2015-05-15 18.29.01 今週、テキサスを拠点とする『ハワードヒューズ社』が計画しているケワロ湾の再開発プロジェクトが2016年始めごろに開始されることが明らかになった。

 同社は今年9月にケワロ湾の管理を引き継いでおり、ケワロ湾は『ワードヴィレッジ・マスタープラン』の60エーカー再開発計画の居住、商業の複合エリアの向かいに位置する。

 同社の副社長は「何ヶ月もダイバーを潜らせ水中の基盤を確認し段階的に進めていく予定だ」と述べている。

 この計画の建築デザインにはホノルルを拠点とする『シー・エンジニアリングInc』が選ばれている。

 『ハワイ開発政府機関(HCDA)』は2009年から港の管理をしていたが、湾の荷揚げスリップは劣化している状態で清掃作業や劣化部分の調整が必要としている。

 『ハワードヒューズ社』は港の周囲の3区画の土地のアップグレードを『HCDA』に現在申請している。

 また『ケワロウォーターフロントパートナーInc.』は日本の2社合併会社で同社もこのうちの1区画の開発プランを提出した。

(出典:パシフィックビジネスニュース)