カピオラニ通り『マナオラナ・プレイス』建設計画

2017/03/11

mandarin-oriental-honolulu-750xx4500-2531-0-985 カピオラニ通り沿いのコンベンションセンターの向かいに計画されている、ホテルとコンドミニアムの融合タワーの36階建て『マナオラナ・プレイス』は、ホテルが125戸、コンドミニアム107戸で全232戸で構成される。

 現在カピオラニ通り沿いに、建設計画されている新コンドミニアムは数件あり、カカアコ地区再開発に次いで、今後カピオラニ通りコンドミニアム建設ブームとなりつつある。

 市は、最終駅カピオラニーアラモアナ駅から1マイル以内に、年収制限付きの賃貸ユニットを増やすために、開発業社に対し300万ドルの支払いに同意しており、このプロジェクトの開発業社『セイラム・パートナーズ社』は、十分な年収制限付きコンドミニアムユニットを、建設計画していないことに懸念している。

 この10億ドルを投じる『マナオラナ・プレイス』の建設により、近くの年収制限のあるコンドミニアム1000戸の開発向上に、つながる可能性があるとみられている。

 また、このプロジェクト建設工事により900の雇用を増やせ、2020年の完工後には620の雇用がうまれて、毎年440万ドルの税金と諸費用収益が見込まれることになる。

(出典:パシフィックビジネスニュース)