ハワードヒューズ社の高級コンドが完成

2016/11/17

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-%e5%8d%88%e5%89%8d11-46-12 カカアコ地区にワードヴィレッジマスタープランの開発を進めている『ハワードヒューズ社』の最初のコンドミニアム『ワイエア』が、1階から31階までがほぼ完成し、オーナーへの鍵の受け渡しが行われた。

 32階から34階までとヴィラタウンハウス(ヴィラ1とヴィラ6は含まない)は12月中旬、ヴィラ1とヴィラ6は2017年初め、36階グランドペントハウスは12月下旬、外観工事などはすべて来年1月下旬には完工予定。

 また1階に入店するシェフ松久信幸氏が手掛けるレストラン『NOBU』が、12月初めにオープンを予定している。

 『ワイエア』は水をテーマにしたガラスファザードが特徴的な建物で36階建て、10戸のタウンハウスを含め全171戸の高級コンドミニアムで、コンシェルジュサービス、24時間セキュリティ、BBQエリア、ヨガルーム付フィットネスセンター、シェフズキッチン付きダイニングルーム、バーのあるイベント用スペース、インフィニティプール、ホットタブ、キッズプレイエリア、ドッグパーク、ゲストスィーツなど充実したサービスやアメニティが含まれている。