ハワードヒューズ社今後も著名建築家と連携予定

2016/06/01

スクリーンショット 2016-06-04 午後10.07.34 『ハワードヒューズ社』はカカアコ地区で複合コンドミニアムのプロジェクトにハワイと世界で名高い建築会社を用いたプロジェクトにしており、今後将来予定されているプロジェクトにも同じ取り組みで進める予定であることを明らかにした。

 その60エーカーの『ワードヴィレッジ・マスタープラン』には全22棟のタワー建設の予定で、9.3ミリオンスクエアフィートの複合コンドミニアム、4000戸以上の住居用ユニットと、1.5ミリオンスクエアフィートの商業施設を予定している。

 『ハワードヒューズ社』は既に2つの高級コンドミニアム『ワイエア』『アナハ』、そしてハワイで最大の全米オーガニックマーケット『ホールフーズ』と隣接する『アエオ』が着工しており、ほとんどのユニットが収入制限制度のプロジェックト『ケ・キロハナ』も間もなく着工開始予定となっている。

 2つのタワーからなる『ゲートウェイタワーズ』は現在の『ワードウェアハウス』と入れ替えとして建設予定でそのうちの1つのタワーは予約販売中である。

(出典:パシフィックビジネスニュース)