ホノルルの新コンド2件、着工は来年下旬

2014/09/22

カカアコ再開発 ケワロ湾
 米国カリフォルニア州拠点の『MJFディベロップメント社』は、現在ホノルル市内に建設が計画されているコンドミニアム2件の着工を2015年中旬から下旬に行うことを明らかにした。


 1件目は、929プメハナ通りに建設予定の『オハナ・ハレ』。敷地1万4,400平方フィートほどのこちらのコンドミニアムは、21階建て180ユニットで構成される手頃価格のユニットを提供。スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルームの3タイプのユニットのうち、約6割を占める108ユニットは、ホノルル市中間世帯年収の100〜120パーセンテージに当たる価格に設定される見通しだ。 

 2件目は、カカアコ地区803ワイマヌ通りに建設予定の153ユニットで構成されるコンドミニアム。市場価格で提供されるこちらの物件も、スタジオ、1ベッドルーム、2ベッドルームの3タイプを用意。1階には、92台分が収納可能な機械式の立体駐車場が設置される予定だ。同プロジェクトは、当初高さ250フィート、217ユニットで構成された労働用の建物が建設される予定だったが、今年7月に撤回。その代わりに、現在の153ユニット・コンドミニアム・プランが再提出された。 



(出典:Pacific Business News)