ホノルル市長、行政の基盤が全てのカギ

2015/09/14

スクリーンショット 2015-09-18 午後8.50.11 カーク・コールドウェルホノルル市長は、彼の行政は基盤が全てで、都市には十分な基盤がない限り繁栄はないと語っている。

 先週、ホノルルのイベントで『アジアパシフィック・リアルエステート・コングレス』では、コールドウェル市長はスピーカーの一人として出席し「昔も現代も都市には優れた基盤が必要でローマ帝国の下水道システムは現在でもしっかり機能している。今、ホノルルでは60億ドル以上のレイルトランジットと47億ドルの下水設備のアップグレードを含めいくつかの公共事業計画の遅れがみられているが我々はこれらのプロジェクトを促進している。」

 さらに、「ホノルルはとても順調だが住宅のコストが高いのが現状であり、レイルトランジットの開発はホノルルが最も必要である手頃価格の住宅を市場に出せるという役目になり、大きなチャレンジになるが手頃価格の住宅計画も推進している」と述べている。

  そして市長は、「アトキンソンドライブの『ハワイコンベンションセンター』の近くにホテル建設の予定があり、ワイキキのホテルの部屋不足を軽減することになるだろう」と語った。

(出典:パシフィックホノルルニュース)