ホノルル鉄道建設工事の内容

2014/05/21

カカアコ再開発 ホノルル鉄道 ハワイ州ホノルル市の高速交通機関『ホノルル・オーソリティ・フォー・ラピッド・トランスポーテーション(以後HART)』は火曜日、西オアフ島に建設される9駅の鉄道に関する、2014年度の契約された10億ドルの内訳ついて『ウエストサイド・グループ』に入札書を依頼した。この契約には、概算で総額1.5~1.7億ドルが見積もられており、正式な入札書は今年8月までに承諾される。

 50.16億ドルのホノルル鉄道プロジェクトは、20マイルの区間に21駅が作られ、2019年に完成する予定だ。

 HARTは、大部分の入札プロセスを今年から来年にかけて行うよう調整している。空港とシティセンターの走行路工事、及びシティセンターの公共施設については、7月に公表予定。7.45億と想定されるこの契約には、カリヒ地区から『アラモアナセンター』までの走行路工事と、公共施設の移転作業が含まれている。

 また2つ目の駅となる、ハワイ州立大学ウエストオアフ校に建設される、駐車場に車を置いて鉄道を利用する“パークアンドライド”方式の駅の提案依頼書は、今年9月の公表予定。そして4駅を建設するために契約された600億ドルの『エアポート・ステーション』グループの詳細は、11月に公表される予定だ。

(出典:Pacific Business News)