ランドマークホノルルビルが改装後売り出し開始

2015/09/22

スクリーンショット 2015-09-25 午後4.47.52 アラモアナブルーバード沿いに建ち、以前は『ゴールドボンドビルディング』の『ランドマークホノルルオフィスビル』は1400万ドルの改装後、売りにだされていることが『パシフィックビジネスニュース』の調べて明らかになった。

 カリフォルニアを拠点とする『パルマーキャピタルInc.』がビルの価格は非公開として市場に出している。

 現在はミシガンに本社のある不動産開発、投資会社の『レディコ』がこの12階建てのビルをカメハメハスクールから土地を借地権として所有している。

 『レディコ』の代表者は「最近140万ドルを投じたビルの改装を完了させ、現在開発中のカカアコに位置していることによりたくさんの投資家からの興味がある。現在ビル内では81パーセントのテナントが入り、投資家へはこのカカアコエリアでこれから数年間の内に5000世帯の居住が増え、数十億ドルの都市化として急速に発展し、永続的なキャッシュフローとの理想的な組み合わせを認識する機会である」と語っている。

(出典:パシフィックビジネスニュース)