ワードウェアハウスの新コンド計画が進展

2016/07/19

スクリーンショット 2016-07-24 午後3.33.11 カカアコのマスタープラン再開発計画を進めている『ハワードヒューズ社』がワードウェアハウスでの新高級コンドミニアム計画を前進させることを発表した。

 現在ワードウェアハウスで古くから営業中の『オールドスパゲティファクトリー』『キンケイド』も立ち退き要請が行われる。

 現時点では正確な立ち退き時期は未定ではあるが、関係者によると現在のワードウェアハウスの45店舗は来年2017年7月1日までに立ち退き要請が出るのではと言われている。

 『ハワードヒューズ社』が計画するこのマスタープランは60エーカーの土地に新コンドミニアムを含め4エーカーの公園、自転車道、ドッグパーク、ペットスパ、プール、ヨガルームなどを予定しており、『ハワードヒューズ社』のウェブサイトによると新高級コンドミニアムは1ベッドルームが160万ドル、2ベッドルームが480万ドルとなっている。

 なお、2014年に発表されたリポートでは、このワードウェアハウス再開発計画は、公園と商業施設と共に2つの新コンドミニアム建設が2015年に着工する予定とされていた。

(出典:Khon2)