手頃価格住宅プロジェクトが前進

2015/02/25

スクリーンショット 2015-03-23 16.31.09 カカアコ地区の開発を手がける『ハワードヒューズ』社が手頃価格コンドミニアム『988 Halekauwila』プロジェクトの建設許可申請を『ハワイ・コミュニティ・デベロップメント・オーソリティ』に申請した。

 『988 Halekauwila』プロジェクトは全375ユニットで構成されワードのスポーツオーソリティの向かいに低、中所得者を対象に賃貸、もしくは販売されることが予定されている。

 現在のホノルル独身者の平均年収は80パーセントで4万6256ドル、100パーセントで5万7820ドルからで140パーセントで8万948ドル。賃貸住宅となった場合はホノルル市の平均年収の80パーセントから100パーセントを対象に15年間貸し出しされ、販売される場合は100パーセントから140パーセントの世帯が対象になる。

 新コンドミニアム建設時には政府により設けられた一定の手頃価格のユニット数も建設する条件がつけられている。このプロジェクトは『ハワード・ヒューズ』社がワードビレッジの第一段階の開発に必要である手頃価格ユニットの3倍の数を満たしている。

(出典:PACIFIC BUSINESS NEWS)