新コンドミニアム『ヴィダ』誕生

2014/06/26

カカアコ再開発 ヴィダ

 オアフ島カカアコ地区に、新たな高級コンドミニアムの建築を計画している、ハワイの開発業者『コバヤシ・グループ』と『ザ・マックノートン・グループ』は、アラモアナ・カカアコ地区役員会から合併建築業許可を受け取った。これにより、アラモアナ通り沿いに、高層ラグジュアリーコンドミニアム『ヴィダ』が完成することになる。

 『コバヤシ・グループ』と『マック・ノートン・グループ』の合併事業である『MKディベロップメント』では、アラモアナ通りの山側に、全500戸のユニットで構成された2棟の最高級コンドミニアムを建設するため、ハワイ州で最大級の民間土地所有者から6エーカー程の土地を購入した。『ヴィダ』は、現在の『カッター・マツダ自動車ディーラー&サービスセンター』の位置に建設させる予定。ユニットの価格帯は未設定だが、『MKディベロップメント』が手がける、もうひとつの高級コンドミニアム『ワン・アラモアナ』の1平方フィート当たりの販売価格に相当する、600ドルから2500ドルと想定されている。

 『ヴィダ・タワー』は、265戸の2〜3ベッドルームのユニットから構成される38階建てのコンドミニアム。建築は、米国カリフォルニア州拠点の建築会社『アーキテクトニカ』と、ハワイ州ホノルル市拠点の建築会社『ベン・ウー・アーキテクツ』によって設計され、省エネ性の高い特徴的なデザインを取り入れることで注目されている。アメニティは、ゲスト用スイートルーム、映画館、レストラン、子ども向けの遊び場、ゲームルームなどが設備される予定。『MKディベロップメント』は、この他に『ホクア』や『キャピトル・プレイス』、また現在建設中の『パークレーン・アラモアナ』も手がけている。

(出典:Pacific Business News)