超高級コンドミニアムの売り上げが好調

2015/03/03

スクリーンショット 2015-03-05 11.36.31 ダラスに拠点を置く開発業者『ハワード・ヒューズ』社は2014年の年次報告書を発表し、2月1日時点で『ワイエア』は171ユニット中88パーセントの販売率で『アナハ』は311ユニット中78パーセントの販売率だったことが明らかになった。

  『ワイエア』は、かつてワードセンターの駐車場跡地に2016年末に完成予定で、『アナハ』は『ピア・ワン』跡地に2017年完成予定。

  『ワイエア』『アナハ』の買い手預かり金の総額は15.58億ドルで、契約確定をしたユニットの総売上は85.44億ドルに達している。両コンドミニアムの建設費用は8.04億ドル。

  『ハワード・ヒューズ』社と『マックノートン・グループ』『コバヤシ・グループ』との共同事業でアラモアナセンターのノードストローム上に完成したばかりの高級コンドミニアム『ワン・アラモアナ』全206ユニットは昨年四半期の時点で201戸が登記済みとなったほか、同社はカカアコ地区に健康食品店『ホールフーズ』の建設計画もあり、『ホールフーズ』が入居する建物は居住用ユニットも兼ねた複合用途ビルとなり、『ホールフーズ』は20年間の賃貸契約を同社と交わしている。

  なお、同社は現在ワードウェアハウスの立地に『ワード・ゲートウェイ・タワーズ』と呼ばれる新コンドミニアムの建設承認も受けている。

 

(出典:PACIFIC BUSINESS NEWS)