開発進むカカアコに公立校新設

2017/05/21

 カカアコ地区開発プロジェクトで、690 Pohukainaに建設予定のハワイ在住者向けの賃貸専用コンドミニアムに、公立小学校の新設計画が発表された。

 アラモアナセンターの西側のカカアコ地区には、ここ数年で新コンドミニアムが建設されており、この先も人口増加が予想されることから『デパートメント・オブ・エデュケーション(以下DOE)』は、周辺の小学校の生徒数が定員オーバーしないように、公立小学校の新設を計画。

 カカアコ地区の開発には、学校の新設立は欠かせないものと望まれいる。受け入れる生徒数750人で、4000万ドルの総経費がかかると予想されており、来年末までにDOEが資金の目途をつけることが課題となっている。

 ハワイ在住者向けの賃貸専用コンドミニアムの最初のタワーの着工は2019年末、完工は2021年末の予定。

(出典:スターアバタイザー)