HARTが86億ドルのレイル見直し計画

2016/10/03

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-%e5%8d%88%e5%89%8d11-47-27 ホノルルレイル鉄道ドランジットを建設している『ホノルル高速鉄道輸送機構(HART)』が、今後最終駅のアラモアナセンター駅まで建設するにあたり、資金収集には時間が要し今後の計画を『連邦交通管理局(FTA)』に提出した。

 『HART』はアラモアナセンター駅まで建設を完成するには多くの資金提供を必要とし、2017年中頃には資金の見通しを立て最終的な見直し計画をする必要がある。

 最終駅のアラモアナセンター駅までの建設見積もりは86億ドルの予算額としているが、2025年までには完工できないとしている。

 なお今年夏までのプランとして、現在の建設資金68億ドルでレイル計画の中間地点である『ミドルストリート駅』まで建設可能としていたが、それ以降段階的に経費は上昇し、今後連邦政府の助成金を十分に維持するために絶対的に予算が必要でないところをカットし慎重を要する必要がある。

 市議会は前方へ計画を進ませ、このプロジェクトの為に経済界、都市管理、州と連邦議員に多くの資金確保を働きかけている。

(出典:Khon2)