ワイキキに賃貸コンド建設計画が前進

 サンディエゴを拠点とする開発業者『オリバー・マクミラン社』が計画する賃貸コンドミニアム『Lilia Waikiki(リリア・ワイキキ)』の建設許可が市の区画委員会をクリアし、あとはホノルル市議会の最終投票に向け前進した。

 この建設許可は、ワイキキのクヒオアベニュー沿いに28階建て約87メートルのタワーに全402戸の賃貸コンドミニアムとなり、その内91戸は年収制限付き賃貸ユニットの建設許可となる。

 このプロジェクトにはそのタワーの向かいで、カノカポレイ・ストリート沿いに低層4棟で53戸の賃貸ユニットの再開発も含まれている。

(出典:パシフィックビジネスニュース)