新コンド『カハラ・バイ・ザ・シー』建設計画

 『アレキサンダー&ボールドウィン(以下A&B)』は、川本源司郎氏がカハラアベニュー沿いに所有していた土地に、1800万ドル以上を投じるオーシャンフロントコンドミニアム『カハラ・バイ・ザ・シー』の建設計画を発表した。

 場所は4607カハラアベニュー、3棟構成の各ユニット2階建て全6ユニット、広さは3450スクエアフィートから3643スクエアフィート。各ユニットには、プライベートプール、駐車場2台分などが含まれており、最上級のオーシャンフロントライフスタイルを実現すると注目を集めている。お問合せはこちらから。(出典:パシフィック・ビジネスニュース)