10月のオアフ島住宅情報

 ホノルルの不動産を管轄する『ホノルルボード・オブ・リアルターズ(以下HBR)』は、最新の調査結果で先月10月の戸建てとコンドミニアの中間価格が、上昇したことを発表した。

 戸建ての先月10月の中間価格は75万2000ドルで、前年同月の74万2000ドルより1.3パーセント上昇し、売買数は355戸で、前年同月の335戸より6パーセント増加した。

 コンドミニアムの先月10月の中間価格は39万7500ドルで、前年同月の39万6000ドルより0.4パーセント上昇し、売買数は489戸で前年同月の428戸より14.3パーセント増加した結果となった。

 HBRの代表は、「オアフの住宅市場は引き続き安定した販売数と中間価格を維持している。ローシーズンとなる毎年秋は、不動産の動きはゆっくりとなるところだが、戸建て、コンドミニアム、タウンハウス共に依然として堅調に推移している。新リスティングも増加はあるが、需要の多さを満たすためにも、まだ在庫を増やす必要があるのではないでしょうか」と述べている。

 

(出典:HBR)