10月のオアフ島住宅情報

 ホノルル不動産協会『ホノルル・ボード・オブ・リアルターズ(以下HBR)』は、先月10月の戸建てとコンドミニアムの販売数が減少したことを発表した。

 戸建ての販売数は、前年同月と比べ13パーセント減少した309戸で、コンドミニアムの販売数は9.4パーセント減少した443戸だった。

 戸建ての中間価格は、前年同月と比べ6.4パーセント上昇した80万ドルで、コンドミニアムの中間価格は1.9パーセント減少した39万ドルだった。

 また戸建の市場に出てから売買契約が成立した中間日数は29日間で、コンドミニアムは25日間だった。

 HBRの代表者は「先月10月は販売数が減少したものの、中間価格は比較的安定していた。戸建てとコンドミニアムの在庫数は上昇しており、住宅購入者に多くの選択と市場にある日数の増加につながっていき、オアフ島の住宅市場に買い手と売り手に安定した環境であり続けることになるのでは」と述べている。

(出典:HBR)