9月のオアフ島住宅情報

 ホノルル不動産協会『ホノルル・ボード・オブ・リアルターズ(以下HBR)』は、先月9月の戸建て中間価格が、今年8月に続き過去最高の81万2500ドルを記録したことを発表した。

 戸建の中間価格は、前年同月と比べ6.9パーセント上昇した81万2500ドルで、コンドミニアムの中間価格は、0.7パーセント上昇した42万8000ドルだった。

 戸建の販売数は前年同月と比べ17.4パーセント減少した309戸で、コンドミニアムの販売数は、2.9パーセント減少した511戸だった。

 また戸建の市場に出てから売買契約が成立した中間日数は17日間、コンドミニアムは20日間だった。

 HBRの代表者は、「現在、オアフ島住宅市場の今後の動きを見極め、また住宅ローン金利が上がり続けるかどうか見るために、先月は戸建とコンドミニアムの需要の低下が見られたが、ホームバイヤーにとって、選択できるたくさんの在庫があり、金利も5パーセント以下の今が住宅購入に向いている時期なのではないか」と述べている。

(出典:ホノルル・ボード・オブ・リアルターズ)