ホノルルの賃貸料は月収の50パーセント

 ハーバード大学の最新の調査結果で、オアフ島ホノルル市内の賃貸者が、月収の50パーセントを賃貸料に費やしていることが明らかになった。

 ホノルルの賃貸居住者の中間収入値は、5万7500ドルで、中間賃貸料は1500ドルを超えている。

 また報告書によると、ホノルルの賃貸者の半分以上が、月収の30パーセント以上を賃貸料として支払っており、3分の1を超える賃貸者の約4万人以上は、月収の50パーセント以上を賃貸料として費やしている。

 研究者らは、ホノルルのメトロエリアで、中間世帯の賃貸に見合った賃料の住宅供給ができないことを示唆しており、その上で、低所得者世帯の為の賃貸住宅供給も難しくなっていると述べている。

 専門家は、低所得者世帯と中間世帯への賃貸住宅供給の拡大の為に、各政府機関が革新に取り組む必要があるとしている。

(出典:ハワイニュースナウ)