再開発進むカカアコ地区

 カカアコ地区で1975年から42年の間、ローカルと観光客に親しまれてきた『ワードウェアハウス』が、今日月曜日に全店舗閉店することになった。 解体後は、テキサスを拠点とする開発業者『ハワードヒューズ』社の約60エーカー『ワードビレッジ・マス…

詳しくみる

ワード地区の『マルカイマーケット』建物が再開発へ

 カカアコ地区を再開発中の『ハワードヒューズ社』は、現在『マルカイマーケット』などが営業している建物の店舗に、今年12月までに立ち退きを要請し、その後解体され公共の広場となる『セントラルプラザ』の、再開発計画が、前進していることを発表した。…

詳しくみる

ワードウェアハウスの新コンド計画が進展

 カカアコのマスタープラン再開発計画を進めている『ハワードヒューズ社』がワードウェアハウスでの新高級コンドミニアム計画を前進させることを発表した。 現在ワードウェアハウスで古くから営業中の『オールドスパゲティファクトリー』『キンケイド』も立…

詳しくみる

ハワードヒューズ社今後も著名建築家と連携予定

 『ハワードヒューズ社』はカカアコ地区で複合コンドミニアムのプロジェクトにハワイと世界で名高い建築会社を用いたプロジェクトにしており、今後将来予定されているプロジェクトにも同じ取り組みで進める予定であることを明らかにした。 その60エーカー…

詳しくみる

『ハワードヒューズ社』最初のコンド頂上まで完成

 テキサスを拠点とする開発業社『ハワードヒューズ社』がカカアコ地区のワードヴィレッジで最初の高級コンドミニアムプロジェクトの『ワイエア』が建物の頂上まで完成したことを木曜日に発表した。 2014年6月に着工した『ワイエア』は36階建て全17…

詳しくみる

ハワードヒューズ社の建設中コンド2棟80%売約済み

   テキサスを拠点とする開発業社『ハワードヒューズ社』の第2期四半期収益報告書によると現在建設中の2棟の高級コンドミニアム『ワイエア』(174戸)『アナハ』(317戸)が7月末時点で80パーセント売約済みなことが明らかになった。…

詳しくみる

『ゲートウェイ・タワーズ』最新情報

 ハワード・ヒューズ社が開発するワード・マスタープラン第2期として、約60エーカーの土地にレジデンス『ゲートウェイ・タワーズ』のプロジェクトが進んでいる。  『ゲートウェイ・タワーズ』は、世界でも象徴的な博物館、公共スペース、一戸建て住居、…

詳しくみる